様々なシーンで活躍する名刺について

ビル

新年度を迎え、新たに社会人となった人が少しづつ会社に馴染んでいく季節になりました。
GWも終わり、また気を引き締めて仕事に取り組む人が多いと思います。
そのような中で、社会で活躍する人達にとっての、物事を円滑に進めるための道具の1つとして、名刺が上げられるのではないかと思います。
社会に出ると、当たり前の様に使われている名刺ですが、何のために、またどのようなものが使われているのか、疑問に思った事はないでしょうか。
簡単に説明すると、名刺とはその名の通り自らの名前や所属、連絡先などを他人に知ってもらうものです。
自己紹介や、職業上の儀礼のために使われます。
中には顔写真やメールアドレス等を記載しているものもあり、手軽に自分のことを知ってもらえ、かつ相手の事も知れる、大変便利なものです。
サイズは主に、人の手よりやや小さい紙製のものが使用されており、日本の標準サイズは91ミリ×55ミリの黄金比だそうです。
普段何気無く使われている名刺ですが、実はサイズであったり記載することなど、改めて知る事も多いのではないでしょうか。