意外と知られていない名刺交換について

ビル

ビジネスシーンにおいて、名刺交換は不可欠といえます。
そもそも名刺とは、自分の名前、会社、役職などを記載した大切な自己紹介ツールだからです。
しかし、意外とマナーを正しく身につけていない人が多いです。
そこで、ここでは名刺交換の際の正しいマナーについてお教えします。
まず大切なのは、相手に渡す際は簡単な挨拶、自己紹介をしながら渡すことです。
もちろん渡す時は、相手側に向けて渡す必要があります。
そして、複数の方がいる場合、目上の方から順番に交換する決まりがあります。
下の立場の者が先に交換を始めてしまうと、失礼に当たります。
社長や部長などの役職の高い人から交換するようにします。
その他の注意点は、もらった名刺はすぐにしまわないことです。
相手から受け取ったら、まずテーブルの上に自分の向きになるように置いていきます。
複数からもらった場合は、相手の座席順に並べていきます。
そうすれば、相手の名前や役職がすぐに把握することができます。
そして、会議が終わった際に片付けます。